GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画

展覧会概要

いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、さまざまな説があります。

この展覧会では、江戸時代の諷刺表現である戯画を現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点とし、戯画の表現による浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども向け漫画までの、日本の漫画の変遷を紹介します。

幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の戯画はさまざまな事柄を時にこっけいに、時に批判を込めて伝えました。そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に戯画は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。

日本の漫画約230年の歴史を、ぜひ会場でご覧ください。

展覧会名GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

会期

2020年9月19日(土)〜11月8日(日)

会期中、一部の作品を展示替えいたします。
前期:9月19日(土)~10月11日(日)/後期:10月13日(火)~11月8日(日)

開館時間

9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日 月曜日(ただし9月21日(月)、9月22日(火)は開館し、9月23日(水)が休館)
会場 北九州市立美術館本館
〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号
TEL:093-882-7777
観覧料 一般1,200(1,000)円、高大生800(600)円、小中生600(400)円
  • ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。北九州市在住の65歳以上の方は2割減免(公的機関発行の証明書等の提示が必要)。

【チケット販売箇所一覧】

<ピクチャーチケット=絵柄入りのチケット>
【北九州・小倉北区】小倉井筒屋新館8階・チケットぴあ
【北九州・小倉北区】北九州モノレール小倉駅
【北九州・小倉北区】北九州モノレール平和通駅
【北九州・小倉南区】北九州モノレール企救丘駅
【福岡・中央区】福岡パルコ本館5階・チケットポート
【下関】シーモール下関1階・ラン
<コンピューターチケット=活字のみのチケット>
チケットぴあ(Pコード685‐343)/コンビニではセブンイレブン扱い
ローソンチケット(Lコード81645)/コンビニではローソン、ミニストップ扱い
CNプレイガイド/コンビニではセブンイレブン、ファミリーマート扱い

→コンピューターチケットは、会期前が「前売り料金」、会期が始まると「当日料金」になります。

主催 GIGA・MANGA展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社、テレQ)
協賛 株式会社ゼンリン
後援 九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
監修 清水勲(漫画・諷刺画研究家、元京都国際マンガミュージアム研究顧問、元帝京平成大学教授)
協力 京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム

※館内では新型コロナウイルス感染症対策を実施しておりますので、ご協力をお願いいたします。

掲載作品はすべて京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム所蔵

〒804-0024 北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号
TEL.093-882-7777

当ウェブサイトに掲載されている全ての画像・文章の無断転載、無断転用は固く禁じます。

©2020 北九州市立美術館本館